えっ!? たった2カ月で副業ライターに!

メディアは常に新しい才能をさがしています。 本業や趣味で培ったあなたの知識を生かし 「副業」からプロの書き手をめざしてみませんか?

こんな人におすすめ

こんな事でお悩みではありませんか?

講師プロフィール

新田哲史

株式会社ソーシャルラボ代表取締役社

1975年生まれ。読売新聞記者(運動部、社会部等)、PR会社を経て2013年独立。大手から中小企業、政党、政治家の広報PRプロジェクトに参画。2015年秋、アゴラ編集長に就任。著書に「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?」(ワニブックス)など。

講師より

ネットメディアはテレビや新聞より敷居は低く、誰にでもチャンスは広がっています。いきなり専業のライターとして食べていくのは非常に大変ですが、だれでも本業や趣味で培った知識はあります。実際、サラリーマンのかたでもそれを活かし、本名あるいはペンネームで副業としてライターとして活躍されるかたが少なくありません。

ただし、有名な媒体で書くには、それなりの「お作法」や基本的なテクニックを習得しておかねばなりません。ところが日本では義務教育で作文を少し習う程度。昨年末の大学入試改革で記述式導入も頓挫し、ますます書くスキルを身につける環境が整いづらくなっています。また雑誌の廃刊が相次ぎ、プロをめざす若い人も鍛えられる機会が少なくなっています。

近年は副業ブームですが、あなたも書くスキルを身につけてキャリアアップしてみませんか?独立されている方、企業の宣伝広報担当の方など、情報を発信して本業のチャンスを広げることにもなると思います。

カリキュラム(全4回)

第1回 ネットメディアで書くことってどんなこと?
ネットメディアの現状はどうなっているのか?
企画の作り方、ネタの探し方(マスコミ記事との差別化、ニュース記事とオピニオン記事のそもそもの違い)
第2回までの宿題(添削)について
第2回 バズる記事を書くには?
前回宿題のポイント
WEB記事と紙媒体記事の違いとは?(引用テクニックなど)
タイトル付けの極意:3倍のアクセスが違う
タイトル付けの演習ミニトレーニング
第3回までの宿題(添削)について
第3回 コタツ記事よりリアル記事回帰?
前回宿題のポイント
取材記事とインタビュー記事の書き方
プレスリリースを使ったロールプレイング取材
最終回までの宿題(添削)について
最終回 WEB編集の心構え
前回宿題のポイント
画像の効果的な選び方
情報の裏どりについて(危機管理、フェイクニュース防止)
ゲスト講師講演(予定)

講義は2週間おきに開催。ただし、自宅学習で実際に書いてみないとライティン グは上達しませんから宿題を毎回出し、次回講義の5日前までに提出します。

ライターとしての基礎力だけではなく、編集者の視点も学ぶことで「話題にな る」「バズる」企画を作る視点も養います。

受講案内

第3期 副業ライター養成講座

開催日時(全4回)
2020年11月5日、11月19日、12月3日、12月17日(隔週木曜日)
20:00~21:30
開催場所
※すべてウェブ会議アプリ「ZOOM」による講座
受講価格
29,700円(税込)
運営会社
株式会社ソーシャルラボ
お問い合わせ先
infoあっとsoclab.jp ※あっとを@に

※ お申し込み後、ソーシャルラボからご入金に関するご案内メールが届きます。入金を確認後、10月最終週に講座開始に向けたご案内を受講予定の皆様にお送りします。

よくあるご質問

お申し込み後、弊社からご登録先のメールにお送りします。メールには、三井住友銀行グループのモバイル決済サービス「Square(スクエア)」を活用した請求書をお送りします。受信したメールからクレジットカードで決済いただけます。ご利用いただけるカード会社は以下になります。
原則はモバイル決済サービス「Square(スクエア)」でお願いしておりますが、止むを得ない場合は当社の指定する銀行口座に事前に入金をお願いいたします(講座開始3営業日前まで)。

そのほか詳しいお問い合わせはこちらまで。 infoあっとsoclab.jp ※あっとを@に